引越し 人形

MENU

引越しと人形

引越し 人形

 

日本では家の中に人形が多くあります。
お子さんのおもちゃとしてのフィギュアやぬいぐるみだけではなく、ひな人形や五月人形など繊細で伝統的な人形もあります。

 

ひな人形やさつき人形などはお子さん1人に1つずつ買ったりするので、結構場所を取ります。
引越しの際に処分したいと思っても、人形は非常に処分しくいものなのです。

 

ぬいぐるみやおもちゃであればゴミとして捨てることが出来るかもしれませんが、リアルな人の形をしたや思い入れの強いものはゴミ袋に入れるのを戸惑いますね。

 

そこで人形供養という処分方法がおすすめです。

 

人形供養は神社仏閣で行われています。
しかしすべての神社仏閣で行っているわけではないので、まず「人形供養 地名」で検索して近くで人形供養をしている神社仏閣を探してみましょう。

 

もし近くにそういう場所が無い場合でも、郵送すれば受付してくれるところがあるので大丈夫です。

 

供養費用を支払えば、供養をした後にお焚き上げをしてくれます。
人形を直接持って行くこともできるようですが、残念ながらいつでもやっているわけではありません。

 

まずはホームページで日時や場所を調べたり、電話で確認しましょう。

 

日本人形の中にはガラス箱に入ったものがありますが、これは処分対象外のところと追加料金を支払えば処分してくれる業者とがあります。
ほかにもひな壇、ボンボリ、灯篭など電気製品は人形供養の際には対象外に場合があるのでご注意ください。